牛肉の部位ごとのオススメ調理方法

牛肉の部位ごとのオススメ調理方法

牛肉をおいしく食べるために、部位ごとのオススメ調理法を紹介します。
牛肉は9つの部位に分けられますが、肩はスープやシチューや咖喱など、煮込料理に向いています。
肩ロースはステーキやすき焼きや牛やぶ鍋などで美味しく食べられます。
サーロインは焼き物のイメージですが、ほかに網焼きやすき焼きや牛しゃぶ鍋、みそ漬けなどにも向いています。
ひれはステーキにしてもよいのですが、バター焼きやカツレツで食べるのにもピッタリです。
ランプ肉は焼肉やローストやたたきなどで食べ、外腿は煮込み料理やハンバーグやシチュー、内腿はカツレツやたたきなどと使い分けるといいでしょう。
しんたまは焼肉や網焼きやかつのほか、ローストビーフでも美味しくいただくことができます。
ともバラや煮込み料理のほか、カルビ焼きや牛丼にも向いていて、肩バラはシチューや咖喱などの煮込み料理やハンバーグに調理するのがオススメです。
スネ肉やネックなどの部位は、煮込み料理に使うのがおすすめです。

部位ごとに食感と風味、調理方法が違う!牛肉

牛肉の部位ごとによって食感や風味が違ってくるため、調理するさいは特徴を抑えておきたいものです。
煮込み料理なら肩周りの「かた」や首周りの「ネック」、足のふくらはぎ周りの「すね」がおすすめ、脂肪分が少ない赤身肉なので煮込むことで柔らかくなるのでシチューやカレーにおすすめです。
ステーキやローストビーフに向いている牛肉が「リブロース」や「サーロイン」、さっぱり風味なら「ヒレ」がよいでしょう。
しゃぶしゃぶのように薄切りにするなら「かたロース」、牛肉のたたきや刺し身、ユッケなら「もも」が最適です。
みんな大好きな焼肉には「バラ」がおすすめになります。
牛丼やすき焼きにも活躍するため、迷ったときに使ってほしいお肉です。
もも肉の中で最も柔らかい「ランプ」は、ステーキからすき焼き、焼肉やたたきなど様々な料理に合う万能さが魅力になっており、買っておいて損はありません。
牛肉の部位ごとの特徴を知っておけば、もっと料理を美味しくできます。

牛肉に関する情報サイト
牛肉の美味しい食べ方などについて

このサイトは調理方法や部位によって違う美味しさがある、牛肉の美味しい食べ方などについて紹介しています。お肉を美味しく食べたいと考えている人にお勧めのサイトとなっています。牛のお肉好きが喜ぶ牛丼屋さんの味を再現をテーマにした情報も取り扱っているので、牛丼が好きなので自宅で作って美味しく食べたいという場合にも必見です。さらに牛肉の部位ごとのオススメ調理方法にも触れていますので、お肉の部位に詳しくなれるでしょう。

Search